中煎り

香り高い瞬間 珈琲の時刻 のはじまりです。新しい香りの出会いをお楽しみください。

■サントスブレンド
■バリブレンド
■グァテマラブレンド

中煎りは、中煎Tブレンド・ガヨブレンド中煎りUブレンドの3種類ご用意しました。ローストの度合いがそれぞれちがいます。味のバランスがでてきてコクも楽しめる処です。     

商品番号102
サントスブレンド
   中煎り1ブレンド

配合
3種配合 クセのない、芳醇な風味を目的につくりました。
サントス5割使用。比率:5・3・2 

ロースト
ハイロースト 日本では一番ポピュラーな焙煎度合い。

ベース銘柄説明 サントスNo2
南アメリカ東部の主要部をしめ、国土の60%以上がブラジ
ル高原で占める。ブラジル南部にあるサンパウロ州で産出さ
れ、最高級品とされる。サンパウロ州で産出されるコーヒー
は、サントス港から船積みされるので「サントスコーヒー」
と呼ばれる。自然乾燥式のものが主でバランスに定評。

味の特徴
芳醇な風味をつくるために古くから用いられるコロンビア
との組合せです。バランスが良く、酸味も多くなく、苦味
も気になりません。この焙煎度合いでは、コクが強い方です

嗜好
苦味には苦手だが、コクも楽しみたい方向きです。ミルクを
いれてもコクがまけません。また、アメリカンタイプで飲ま
れるかたでも苦味は大丈夫です。

淹れ方
挽き具合は、粗挽きです。決して細挽きにはしないでくださ
い。
お湯の温度は、90度前後の熱めの設定でも大丈夫です。
抽出スピードは、速めです。この辺の焙煎度合いのコーヒー
は、まだタンニンが多く含まれています。ゆっくりの抽出は
避けたほうが無難です。


   戻る
商品番号108 バリブレンド
中煎り
配合
3種配合 バリ5割 比率:5・3・2 ガヨブレンドの代替で
つくるブレンドです。現在、ガヨマウンテンの品質低下があ
ります。ガヨマウテンの品質が戻るまでの間、バリブレンド
に移行いたしました。

ロースト
ハイローストとシティローストの中間。

ベース銘柄の説明 バ リ コーヒー
インドネシアには、数多くの銘柄があります。マンデリン
・カロッシ・ガヨマウンテンなどです。それぞれに多くの
コーヒーファンに愛され続けています。そのなかで唯一
日本に紹介されていなかったのが、このバリコーヒーで
す。インドネシア政府の品質保証のついた最高級コーヒ
ーとしてここ数年前から日本に持ち込まれて以来、高評
価を得ています。
コーヒー処理プロセスは、インドネシア政府管理のもとで
完熟豆の手摘みから始まり、水洗式行程後、10日の天
日乾燥、粒の選別と念のいれようです。量的にも、年間
3,000袋と希少価値のあるコーヒーです。
芳醇な香り、柔らかい酸味、柔らかい苦味とフルーティ
ーな風味に特徴を持ちます。
「神々の島」バリ島が育んだバリコーヒームをお楽しみく
ださい。



処理プロセス      水洗式

原産国         インドネシア共和国

産地          バリ島 キンタマニー地区


高度          1,500m〜2,000m

収穫期        5月中旬〜6月末


味の特徴
柔らかい苦味の中にフルーテイーな独特の風味がいきています
。ソフトでバランスが良い。実際は酸味が結構あるあるのですが
コクのつよさでカバーしている感じです。コクは一流。

嗜好
アメリカンタイプのコーヒー、苦味・コク中心のコーヒー両方の
嗜好の方に、お勧め。どちらの方にも受け入れられるとおもいま
す。

淹れ方
挽きかたは、粗挽き。絶対細挽きはいけません。
お湯の温度は、90度以下を使用してください。甘味がでます。
抽出スピードは、多少速めをお勧めします。


   戻る       

商品番号103
グァテマラブレンド
中煎り2ブレンド  

配合
3種配合 コク・甘味・香りの三つを意識して配合。
グァテマラ5割 比率:5・3・2

ロースト
シティロースト 

ベース銘柄の説明 グァテマラSHB
中央アメリカの北西部、カリブ海と太平洋に面し、国土の70%
が高原地帯で火山国。火山灰地の恵まれた土壌と山岳特有の気象
条件が、酸味・コク・香りに優れたコーヒーを産出します。中で
も、コバンコーヒー、アンティグァは評価が高い。

味の特徴
酸味が薄らぎ、甘味が現れ、苦味の美味しさを感じます。味のバ
ランスはととのい、すべての味にいやみを感じさせません。淹れ
方によっては、甘味が口いっぱいに広がるようなコーヒーをつく
りだせます。

嗜好
どちらかと云うと、コク・甘味を好む方向き。ローストだけから
云うと、バランスは最高です。ただ、苦味が多少ついてきますの
で、アメリカンタイプノ嗜好の方には不向きかもしれません。
しかし、ハイローストと比較すると美味しさは、倍増します。ア
メリカン嗜好の方にもいちどは飲んでいただきたいです。

淹れ方
挽きかたは、粗挽きです。細挽きは厳禁です。
お湯の温度は、90度以下を厳守です。この辺の焙煎度合いから温
度が高いと苦味を鋭くします。
抽出スピードは、お湯の温度によって調節してください。お湯温
度が90度に近い時は速く。低いほどゆっくりです。


  戻る戻る